都市森林とは

街路樹や公園木、庭木など、私たちが暮らす街には、意外なほど多くの木があります。

山や森の木にも勝るとも劣らない、樹齢を重ねた大きな木も少なくはありません

都市森林プロジェクトでは、こうした街の木を総称して「都市森林」と呼び、

この森に新たな循環を創ることを目指した取り組みを行っています。

これまでの街の木、とりわけ街路樹や公園などの木は

ほとんど眺めるだけのものになっていて、触ることができませんでした。

街の木には一年中様々な出来事が起きています。

芽吹き、花が咲き、紅葉し、実や種をつけ、葉の色を変え、葉を落とし、

虫や鳥を集めたりキノコが生えたり、植えられたり剪定されたり伐採されたりしています。

そんな街の木に、もっと触れられるようにできないか? 

もっと活かせるようにできないか?

都市森林で起こる様々な変化や出来事、季節の移り変わりをとらえては人が集まり、

木がくれる驚きに感動し、恵みを活かせる、そんな新しい街の暮らしと自然のあり方を、

都市森林プロジェクトでは模索しながら実践しています。