1/20

街の木を活かす

庭木、街路樹、公園木。これまで眺めるだけだった街の木に、

「活かす」という視点を取り入れて、その魅力と価値を最大化。

木があって良かった! のその先に、「街の木=都市森林」の新しい循環が生まれようとしています。

​街の木を「負債」から「資産」へ

都市森林プロジェクト:湧口善之 (profile)

私はこれまで、たくさんの木の最期に立会い、なぜこんな大木が伐られてしまうのか、なぜこれほどの緑地が更地にされなければならないのか、なぜこの木の持主や関係者は伐採を決断するに至ったのか、たくさんの現場で当事者から話を聴き、そこで伐採された木々を回収し、普段は見えない木の内側を、製材という行為を通じて見てきました。

街の木のほとんどはなんらかの傷みを抱えていて、大きな幹がいつ折れてもおかしくないという木も多くありました。増えた緑地、育って大きくなった木々の管理費用は増大し、自治体の財政を圧迫しています。

放っておけばどんどん大きくなり、手入れの負担や事故のリスクも増えていく。長年大木を維持してきた人のなかには、管理に疲れて伐採を決断する人も出ています。

緑が増える場面ではなく、緑が減る場面でこそ偽らざる街の木の実情が見えてきます。現状の街の木には、植えれば植えるほど、大きくすればするほど、持主の負担やリスクが増す「負債」のような性格があることを認めなければなりません。

街の木がもしいまのままならば、いくら木を植えても維持できる量は限られてしまうでしょう。

私たちは街の木を、負担を生む「負債」から、持てば持つほど街と暮らしを豊かにしてくれる、本当の「資産」へと変えていく必要があるのです。

緑は大切と言う一方で、木の名前すら知らないことが多いのも実情です。身近な木々がどんな性質か、花はどんなか、実はどんなか、なにに使えるかなんてまして知りません。

伐られた木はごみにして、公園の木の実は腐らせる。いまそうであるように木に触れられる機会が少ないままならば、街の木は「負債」であることを免れないでしょう。

お花見でも果実の収穫でも、虫採りでもなんでもいい、その木をきっかけに人が集まり、楽しめるようにすることです。木がくれる恵みを活かしてみることです。触れて親しみ、楽しめてこそ、街の木の「資産」としてのあり様が見えてきます。

都市森林プロジェクトでは、毎年の剪定で出る枝葉や木の実など、普段から街の木の恵みを頂いて楽しみます。伐採された木は木材にして、暮らしの道具や家具を作ります。

造っては壊しての繰返しで継続しなかった街並のなかに、人々の想いが詰まった木々を集めて建物を造り、木材になる木々からは苗木を育て、都市森林を育みます。先達が植えてくれた木々で街をつくり、自分が植える木や子供たちが植える木で、街をつくっていくのです。

世代を超えて受継がれる街並と、木をきっかけに人々が出会い、共に楽しみ、学び、汗を流し、なにかに取組む光景が当たり前にある街をつくりたいのです。

2019年9月 湧口善之 (profile)

​街の木を活かすと

街造りができる

まちづくりができる

緑を増やせる

まちづくりと街造り、緑化の取り組みが総合的に実現した事例です

街の木を活かすと

街造りができる

 

街で育てた木々が木材に

その土地ならではの

建築や街並が造られる

街の木を活かすと

緑を増やせる

活かして楽しいから

詳しくなれて

合理的管理を実現できる

街の木を活かすと

まちづくりができる

 

木をきっかけに、

人が出会い、つながり、

​一緒に取組める

都市森林プロジェクト

庭木、街路樹、公園木。これまで眺めるだけだった街の木に「活かす」という視点を取り入れて、その魅力と価値を最大化。木があって良かった! のその先に、「街の木=都市森林」の新しい循環が生まれようとしています。

都市森林株式会社

一般社団法人街の木ものづくりネットワーク

  • YouTube
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitter

© 2019 Yoshiyuki Yuguchi